子ども文庫の会が発行している季刊誌「子どもと本」では、とびきりすぐれた本を紹介しています。「子どもと本」の51号から100号までの目次一覧が掲載されています。

※検索について
第1号~50号、第51号~100号、第101号~150号、第151号以降の4ページに分かれていること、ご注意ください。「、」や「・」を含まない単語で検索してください。作者名や画家名は、姓か名前のみのほうが確実です。長い本の題名などは、題名に含まれる一部でも検索できます。
例:ビアトリクス・ポターは、’ポター’ か、’ビアトリクス’ で検索。「ふわふわしっぽと小さな金のくつ」は、’ふわふわしっぽ’ や ’金のくつ’ でも出てきます。

-掲載号をさがす(51~100号)

  • 季刊『子どもと本』子ども文庫の会
  • 季刊『子どもと本』子ども文庫の会
  • 季刊『子どもと本』子ども文庫の会
  • 季刊『子どもと本』子ども文庫の会
51号

「限定」「予約」「感性の問題」―絵本の復刊をめぐる あるやりとり
--山本まつよ
◆鏡の国のアリス/ルイス/キャロル 作 ◆ふたりの世界 Пバリケードの恋愛/ジョアン・リンガード 作◆ぼくはワニのクロッカス/ロジャー・デュボアザン 作 ◆ミリー・モリー・マンデーのおはなし/ジョイス・L・ブリスリー(文) 菊池恭子 (絵)
◇座談会 私たちの本のリストに入らなかった本について46. (「ひとまねこざるのABC」)
◇トロイア物語①
◇楽しみの場としての図書室を⑯-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『西脇順三郎詩集』西脇順三郎・鍵谷幸信
【ロンドンの片隅から】-----この光の続く先はサセックス
【ストーリーテリングのためのお話】-----クマとキツネとお百姓(フィンランドの昔話)
【くらべ読み】-----「とおいところへいきたいな」と「なみにきをつけて、シャーリー」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----三さいになった!
52号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係①
--山本まつよ
◆なだれだ! 行け そうさく犬/バルトス・ヘップナー 作 ◆ベンジーのふねのたび/マーガレット・ブロイ・グレアム 作 ◆ボートの三人男/ジェローム・K・ジェローム 作
◇座談会 私たちの本のリストに入らなかった本について47. (「むぎばたけ」)
◇トロイア物語②
◇楽しみの場としての図書室を⑰-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『ホモ・ルーデンス』J ・ホイジンガ
【ロンドンの片隅から】-----GCSEを目ざす息子
【ストーリーテリングのためのお話】-----牡ヤギとヒツジ(ウクライナ民話集から)
【くらべ読み】-----「きみなんか だいきらいさ」と「にいさんといもうと」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----スモールさん ぜんぶすき
53号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係②
--山本まつよ
◆月おとこ/トミー・ウンゲラー 作 ◆まぼろしの白馬/エリザベス・グージ 作◆マンスフィールド短編集 幸福・園遊会 他十七篇/マンスフィールド 作
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について48. (「おおきな きが ほしい」)
◇トロイア物語③
◇楽しみの場としての図書室を⑱-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『南総里見八犬伝 一』曲亭馬琴/小池藤五郎・校訂
【ロンドンの片隅から】-----ピーターラビットのおはなし
【ストーリーテリングのためのお話】-----マヨン火山の伝説(フィリピン・ルソン島の伝説)
【くらべ読み】-----「ブレーメンのおんがくたい」二さつ
【文庫ほどおもしろいものはない】-----「なんていったらいいのかしら?」
54号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係③
--山本まつよ
◆アプリイ・ダプリイのわらべうた ピーターラビットのわらべうた絵本/ビアトリクス・ポター 作 ◆親子ネズミの冒険/ラッセル・ホーバン 作 ◆セシリ・パセリのわらべうた ピーターラビットのわらべうた絵本/ビアトリクス・ポター 作 ◆変身動物園/エリック・リンクレイター 作
◇座談会私たちのリストに入らなかった本について49. (「うさこちゃんのおじいちゃんとおばあちゃん」「うさこちゃん おとまりにいく」)
◇トロイア物語④
◇楽しみの場としての図書室を⑲-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『詩経』目加田 誠
【ロンドンの片隅から】-----さまざまな芽吹き
【ストーリーテリングのためのお話】-----ヒヌルーガン・タクタクの瀧(フィリピン・ルソン島の伝説)
【くらべ読み】-----「もりのなか」と「おみせやさん」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----バーニンガムのもうふのように
55号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係④
--山本まつよ
◆ジーキル博士とハイド氏/スティーブンソン 作 ◆ふわふわしっぽと小さな金のくつ/デュ・ボウズ・ヘイワード (文) マージョリー・フラック (絵) ◆ペニーの日記、読んじゃだめ/ロビン・クライン (文) アン・ジェイムズ (絵)
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について50. (「ゆうれいフェルピンの話」「風が吹くとき」)
◇トロイア物語⑤
◇楽しみの場としての図書室を⑳-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『妖精の国で』W・アリンガム 文リチャード・ドイル絵
【ロンドンの片隅から】-----「だからこそ、友だちがいるんだ」
【ストーリーテリングのためのお話】-----少年と魔女(デンマークの昔話) 
【くらべ読み】-----「げんきなマドレーヌ」と「いもうとのにゅういん」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----「せいめいのれきし」の不思議
56号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係⑤
--山本まつよ
◆エミリー/マイケル ・ビダード (文) バーバラ・クーニー (絵) ◆カウボーイのスモールさん/ロイス・レンスキー 作 ◆ちいさいひこうき/ロイス・レンスキー 作◆ちいさいヨット/ロイス・レンスキー 作 ◆とどろく雷よ、私の叫びをきけ/ ミルドレッド・D・テーラー 作 ◆ボルカ はねなしガチョウのぼうけん/ジョン・バーニンガム 作
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について51. (「いそがしいよる」「すいかのたね」「あめふり」)
◇トロイア物語⑥
◇楽しみの場としての図書室を㉑-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『柳田國男全集 22 』柳田國男
【ロンドンの片隅から】-----アリスの国から日本へ
【ストーリーテリングのためのお話】-----地獄に行けない鍛冶屋(ノルウェーの昔話)
【くらべ読み】-----「あおい目のこねこ」と「黒ネコジェニーのおはなし 1・2」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----ビアトリクス・ポターを読むのが楽しみ
57号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係⑥
--山本まつよ
◆大いなる遺産 上下/チャールズ・ディケンズ 作 ◆オセロー/ウィリアム・シェイクスピア 作 ◆みにくいガチョウの子/ディック・キング=スミス 作
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について52. (「アニーとおばあちゃん」)
◇楽しみの場としての図書室を㉒-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『神話の力』ジョーゼフ・キャンベル/ビル・モイヤーズ
【イギリスと日本の間で】-----「想い出のエドワード・トマス」
【ストーリーテリングのためのお話】-----人を驢馬にする話(中国の昔話)
【くらべ読み】-----「パンはころころ」と「しょうがパンぼうや」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----絵本もおもしろい
58号

昔話がおもしろくない――昔話とわたしの関係(完)
--山本まつよ
◆おかあさん だいすき/マージョリー・フラック 作 ◆たくさんのお月さま/ジェームズ・サーバー (文) ルイス・スロボドキン (絵) ◆父さんと歌いたい/キャサリン・パターソン 作 ◆陸にあがった人魚のはなし/ランダル・ジャレル (文) モーリス・センダック (絵)
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について53. (「たくさんのお月さま」ブックローン出版)
◇トロイア物語⑧
◇楽しみの場としての図書室を㉓-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『林望が能を読む』林 望 文・森田拾史郎 写真
【イギリスと日本の間で】-----ルーシー・ボストンとグリーン・ノウ
【ストーリーテリングのためのお話】-----頭に食ひついた車の輪(インドの昔話)
【くらべ読み】「ラチとらいおん」と「いじわるブッチー」
【文庫ほどおもしろいものはない】生きている「ミアッカどん」
59号

わたしたちは こう読みました
―「たくさんのお月さま」をめぐって
◆アラバマ物語/ハーパー・リー 作 ◆荒野の羊飼い/アン・N.クラーク 作◆ツバメの歌/レオ・ポリティ 作
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について54. (「むかし、ねずみが…」) ◇トロイア物語⑨ ◇楽しみの場としての図書室を㉔-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『思い出の青い丘』R.サトクリフ
【イギリスと日本の間で】-----ラベンダーとアンデルセンとファンタジーと
【ストーリーテリングのためのお話】-----魔の手蝋燭(イングランドの昔話)
【くらべ読み】-----「わたしとあそんで」と「あな」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----「くんちゃんはおおいそがし」
60号

続・わたしたちは こう読みました
―「たくさんのお月さま」をめぐって

「ふしぎの国のアリス」を読んで
◆あひるのピンのぼうけん/ マージョリー・フラック (文) クルト・ヴィーゼ (絵) ◆銀の枝/ローズマリー ・ サトクリフ (文) チャールズ・キーピング (絵) ◆長ぐつをはいたねこ(ナマリの兵隊)/シャルル・ペロー (文) マーシャ・ ブラウン (絵) ◆ナマリの兵隊/ハンス・クリスチャン・アンデルセン(文) マーシャ・ブラウン (絵)
◇座談会 私たちのリストに入らなかった本について55. (「泣いた赤おに」)
◇トロイア物語⑩
◇楽しみの場としての図書室を㉕-----外海賢雄
【一家に一さつ】---『昔話の本質』リューティ,マックス
【イギリスと日本の間で】-----辛い恋と暖かな大地に育まれて…サトクリフの自伝
【ストーリーテリングのためのお話】---竿の先の心臓(スコットランドの昔話) 日本児童文庫(アルス社)「世界童話集 下」から
【くらべ読み】-----「あくたれラルフ」と「タンゲくん」
【文庫ほどおもしろいものはない】-----「少しさみしかった…」
61号

十歳以下の人びとには かなわない
-ルイス・スロボドキン
山本まつよ訳
◆かあさんのいす/ベラ・B・ウィリアムズ 作◆ジャングル・ブック/ ラディヤード・キプリング 作 ◆はるかスコットランドの丘を越えて/ ローズマリー・サトクリフ 作 ◆竜の子ラッキーと音楽師/ローズマリー・サトクリフ (文) エマ・チチェスター=クラーク (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 56.  (「トム・ティット・トット」「おとなしいめんどり」)
◇トロイア物語⑪
◇楽しみの場としての図書室を㉖. ---外海賢雄
【一家に一さつ】---『美の世界 愛の世』佐藤春夫
【文庫ほどおもしろいものはない】ゼラルダは「こわいから、いい」
【くらべ読み】「はなのすきなうし」と「フレデリック」
62号

ルース・クラウスとぼく――格別のパートナーシップ
-モーリス・センダック
山本まつよ訳
◆すえっ子のルーファス/エレナー・エステス (文) ルイス・スロボドキン (絵) ◆チムのいぬ タウザー/エドワード・アーディゾーニ 作 ◆チム ひとりぼっち/エドワード・アーディゾーニ 作 ◆やかましむらのこどもの日/リンドグレーン (文) ヴィークランド (絵)
【一家に一さつ】---『南島の抒情――琉歌』外間守善
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 57.  (「にじのはな さかせよう!」) ◇トロイア物語⑫ ◇楽しみの場としての図書室を㉗. ---外海賢雄 【イギリスと日本の間で】---少年たちのイギリス――フィリッパ・ピアスの作品から 【ストーリーテリングのためのお話】---空飛ぶ帚馬(スコットランドの昔話) 【文庫ほどおもしろいものはない】子どもたちはこわい話が好き
【くらべ読み】「わたしとあそんで」と「モーモーまきばのおきゃくさま」
63号

「ふしぎの国のアリス」はおもしろかったですか?
◆子犬のピピン/ローズマリー・サトクリフ 作 ◆(遠いむかしのふしぎな話)今昔ものがたり/ 杉浦明平 ◆つきのぼうや/イブ・スパング ・オルセン作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 57.  (「汽車のえほん1 三だいの機関車」)
◇トロイア物語⑬
◇楽しみの場としての図書室を㉘. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---「くまさん」シリーズとイギリス人
【ストーリーテリングのためのお話】---さまよへるユダヤ人(ヘブライの昔話)
【一家に一さつ】---『日本の昔話』柳田国男
【文庫ほどおもしろいものはない】頼もしい末っ子
【くらべ読み】「プロプシーのこどもたち」と「ろくべえ まってろよ」
64号
続・「ふしぎの国のアリス」はおもしろかったですか?

詩とは何?(詩集編さんの後で考えたこと) -ハーバート・リード
山本まつよ訳
◆おりこうなアニカ/エルサ・ベスコフ 作◆自負と偏見/ジェーン・オースティン 作 ◆しろいゆき あかるいゆき/アルビン・トレッセルト (文) ロジャー・デュボアザン (絵)
【一家に一さつ】---『俳句の世界』小西甚一
【文庫ほどおもしろいものはない】「アサガオ」にびっくりした!
【くらべ読み】「日本の昔話②したきりすずめ」と「日本昔話百選」
65号

もっともっと家庭文庫がほしい!
-山本まつよ
◆サイラス・マーナー/ジョージ・エリオット 作 ◆スクーターでジャンプ!/ ベラ・B・ウィリアムズ 作 ◆レ・ミゼラブル/ヴィクトル・ユゴー (文) G・ブリヨン (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 59.  (「キャベツくん」)
◇トロイア物語⑮
◇楽しみの場としての図書室を㉚. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---「秘密の花園」――コマドリとイギリス人
【ストーリーテリングのためのお話】---象(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『海潮音 上田敏訳詩集』上田 敏
【文庫ほどおもしろいものはない】ああ、「ロンドン橋がおちまする!」
【くらべ読み】「日本の昔話⑤ねずみのもちつき」と「日本の昔話」と「日本昔話百選」
66号

もっともっと家庭文庫がほしい!(承前)
-山本まつよ
◆グレイ・ラビットのおはなし/アリスン・アトリー(アリソン・アトリー) (文) フェイス・ジェイクス (絵) ◆はじめてのゆき/なかがわ りえこ (文) なかがわ そうや (絵) ◆雪の夜に語りつぐ/笠原政雄・語り 中村とも子・編
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 60.  (「うりこひめ」)
◇トロイア物語⑯
◇楽しみの場としての図書室を㉛. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---三つの鬼きめ歌から――ファージョン
【ストーリーテリングのためのお話】---虹の足(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『口承文芸史考 昔話と文学 昔話覚書(柳田國男全集8)』柳田國男
【文庫ほどおもしろいものはない】どんどん好きになっていく
【くらべ読み】「見るなのざしき」
67号

三種のメディアが変える白雪姫(上)
-ケイ・ストーン
山本まつよ訳
◆地に消える少年鼓手/ウィリアム・メイン 作 ◆北欧神話/パードリック・コラム (文) ウィリー・ポガニー (絵) ◆マリールイズ いえでする/カールソン・N・S (文) デューイ・A・アルエゴ・J (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 61.  (「ポケットのないカンガルー」)
◇ラーマーヤナ①
◇楽しみの場としての図書室を㉜. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---チム・ラビットのような幼年時代
【ストーリーテリングのためのお話】---狼の眉毛(広島県雙三郡作木村の昔話)
【一家に一さつ】---『アジア定住 11カ国18人の日本人』野村進 (文) 井上和博 (写真) 
【文庫ほどおもしろいものはない】前途有望なメンバーたち
【くらべ読み】「狼の眉毛」
68号

三種のメディアが変える白雪姫(下)
-ケイ・ストーン
山本まつよ訳
◆ねこのオーランドー 農場をかう/キャスリーン・ヘイル 作 ◆ブルーベリーもりでのプッテのぼうけんエルサ・/ベスコフ 作 ◆ポッパーさんとペンギン・ファミリー/R&F・アトウォーター (文) ロバート・ローソン (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 62.  (「ダチョウのくびはなぜながい」)
◇ラーマーヤナ②
◇楽しみの場としての図書室を㉝. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---「ピーター・パンとウェンディ」と息子たち
【一家に一さつ】---『マローンおばさん』エリナー・ファージョン 文エドワード・アーディゾーニ 絵
【くらべ読み】「あすはたのしいクリスマス」と「クリスマスのまえのばん」
69号

画家と絵本
-エゴン・マチーセン
山本まつよ訳
◆かわうそタルカ/ヘンリー・ウィリアムソン 作 ◆ねこのお客 かめのシェルオーバーのお話1/ルース・エインズワース 作 ◆魔女のおくりもの かめのシェルオーバーのお話2/ルース・エインズワース 作 ◆わたしたちも ジャックも ガイも みんな ホームレス ふたつでひとつのマザーグースえほん/モーリス・センダック 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 63.  (「やぁ ゆきだるま!」)
◇ラーマーヤナ③
◇本と出会い 人と出会う①. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---一つの町、五つの駅
【ストーリーテリングのためのお話】---トルの花嫁(北欧の神話)
【一家に一さつ】---『ビルマからの手紙』アウンサンスーチー
【文庫ほどおもしろいものはない】「ぼくはピーター!」
【くらべ読み】「かもさんおとおり」と「たまごはいくつ?」
70号

ハロルド・クーランダーをご存知ですか?
-山本まつよ
◆からたちの花がさいたよ/北原白秋(詩) 初山滋 (絵) ◆木はえらい イギリス子ども詩集 ◆デ・ラ・メア物語集 1・2・3/ ウォルター・デ・ラ・メア (文) 津田真帆 (絵) ◆ペニーさん/マリー・ホール・エッツ 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 64.  (「14ひきのおつきみ」)
◇ラーマーヤナ④
◇本と出会い 人と出会う②. ---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---今ここにメアリー・ポピンズを
【ストーリーテリングのためのお話】---ジャータカ 第67話「いろんな問題」から
【一家に一さつ】---『教育とは何か』大田 尭
【文庫ほどおもしろいものはない】"こわい“本の楽しみかた
【くらべ読み】「チムの犬タウザー」と「ずっとずっとだいすきだよ」
71号

「子どもと本 第三版」(CHILDREN AND BOOKS, 3rd Edition) 第1章 子どもと子どもの本①
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳
◆アラビアン・ナイト/ケイト・D・ウィギンとノラ・A・スミス (編) W・ハーヴェイ (絵) ◆氷の花たば/アリスン・アトリー(アリソン・アトリー) 作 ◆詩集 孔雀のパイ/ウォルター・デ・ラ・メア (詩) エドワード・アーディゾーニ (絵) ◆みんなのベロニカ/ロジャー・デュボアザン 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について65. (「ねこのオーランド― 海へいく」「おそざきのレオ」)
◇ラーマーヤナ⑤
◇本と出会い 人と出会う③---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---ギターを抱えて――9年ぶりの息子の帰郷
【ストーリーテリングのためのお話】---婆羅門僧と山羊(パンチャタントラから)
【一家に一さつ】---『センダックの絵本論』モーリス・センダック
【文庫ほどおもしろいものはない】全部読んでもらわなければ!
【くらべ読み】「せきたんやのくまさん」と「ぼくじょうのくまさん」
72号

「子どもと本 第三版」(CHILDREN AND BOOKS, 3rd Edition) 第1章 子どもと子どもの本②
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳
◆どんぐりぼうやのぼうけん/エルサ・ベスコフ 作 ◆ハックルベリー・フィンの冒険 上下/マーク・トウェイン 文E・W・ケンブル 絵 ◆みつけたものとさわったもの/ウィルとニコラス 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について66. (「空のかあさま」「みすゞ詩画集」「わたしと小鳥とすずと」)
◇ラーマーヤナ⑥
◇本と出会い 人と出会う④---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---心の深いところが目覚めさせられる
【ストーリーテリングのためのお話】---鷺と蟹(インドの昔話)
【一家に一さつ】---『日本の詩歌 16 佐藤春夫』佐藤春夫
【文庫ほどおもしろいものはない】「神の道化師」読んだよ
【くらべ読み】「みんなのベロニカ」と「ちびゴリラのちびちび」
73号
「子どもと本 第三版」(CHILDREN AND BOOKS, 3rd Edition) 第1章 子どもと子どもの本③
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳
◆さるのオズワルド/エゴン・マチーセン 作 ◆少年キム/ラドヤード・キプリング 作 ◆時の旅人/アリスン・アトリー(アリソン・アトリー) 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について67. (「きこえる きこえる」)
◇ラーマーヤナ⑦
◇本と出会い 人と出会う⑤---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---心みちたりてすごさせたまえ――ルーマー・ゴッデン
【ストーリーテリングのためのお話】---角のない悪魔(フランスの昔話)
【一家に一さつ】---『自動車の社会的費用』宇沢弘文
【文庫ほどおもしろいものはない】きれいなものが好き
【くらべ読み】「おやすみなさい おつきさま」と「おやすみなさい コッコさん」
74号
「子どもと本 第三版」(CHILDREN AND BOOKS, 3rd Edition) 第1章 子どもと子どもの本④
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳
◆アリスの見習い物語/カレン/クシュマン (文) 中村悦子 (絵) ◆時計つくりのジョニー/エドワード/アーディゾーニ 作 ◆ほんとにほんとにほしいもの/ベラ・B/ウィリアムズ 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について68. (「めっきらもっきら どおんどん」)
◇ラーマーヤナ⑧
◇本と出会い 人と出会う⑥---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---ぴちぴちした男の子の心情が
【ストーリーテリングのためのお話】---鬼子母(インドの説話)
【一家に一さつ】---『コン・ティキ号探検記』トール・ヘイエルダール
【文庫ほどおもしろいものはない】「さむすぎない あつすぎない」
【くらべ読み】「もりのともだち」と「うさぎのいえ」
75号

テキサスから持ち帰ったもの―清水晶子ちゃんに聴く
-ケイ・ストーン
山本まつよ訳
◆ジャズ・カントリー/ ナット・ヘントフ (文) 廣中 薫 (絵)◆マディケンとリサベット/アストリッド・リンドグレーン (文) イロン・ヴィークランド (絵) ◆ロッタちゃんとじてんしゃ/アストリッド・リンドグレーン (文) イロン・ヴィークランド (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について69. (「かえでがおか農場のなかまたち」)
◇ラーマーヤナ⑨
◇本と出会い 人と出会う⑦---外海賢雄
【イギリスと日本の間で】---清冽な詩情――アーディゾーニのさし絵
【ストーリーテリングのためのお話】---攫われた子供(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『病は気から』モリエール
【文庫ほどおもしろいものはない】イーヨーが好きなの?
【くらべ読み】「おやすみなさいのほん」と「はやくねてよ」
76号
詩を読む子ども――『孔雀のパイ』『木はえらい』
-ケイ・ストーン
-大阪府藤井寺南小学校4年2組「かたぐるま」より 小川 誠

「リーディング イズ マジック」 -清水裕子
◆おもちゃ屋へいったトムテ/エルサ・ベスコフ (文) ささめやゆき (絵) ◆ペニーさんと動物家族/マリー・ホール・エッツ 作 ◆めぐりめぐる月/シャロン・クリーチ 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について70. (「かめさんのさんぽ」)
◇ラーマーヤナ⑩
◇本と出会い 人と出会う⑧---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】---魔の猫(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『新唐詩選』吉川幸次郎・三好達治
【文庫ほどおもしろいものはない】いつまでもおもしろい
【くらべ読み】「ふわふわくんとアルフレッド」と「くまのコールテンくん」
77号
"子どもの本や"ならでは①
-福岡 子どもの本や・井上良子
-阿佐ヶ谷 子どもの本や・松本千枝子、岡本恭子、尾田ひろ子、谷川淑江
◆赤い鳥を追って/ シャロン・クリーチ 作 ◆古城の幽霊ボガート/スーザン・クーパー 作 ◆ちいさなちいさなえほんばこ/モーリス・センダック 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について71. (「マンホールからこんにちは」)
◇ラーマーヤナ⑪
◇本と出会い 人と出会う⑨---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】---グレイス・コア(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『色を奏でる』志村ふくみ
【文庫ほどおもしろいものはない】大人の仕事、大好き
【くらべ読み】「ちいさなヒッポ」と「かたあしだちょうのエルフ」
78号
"子どもの本や"ならでは②
-福岡 子どもの本や・井上良子
-阿佐ヶ谷 子どもの本や・松本千枝子、岡本恭子、尾田ひろ子、谷川淑江
◆ノルウェーの民話/ ペーター・C・アスビョルンセン、ヨーレン・モー ◆はたらくうまのハンバート と ロンドン市長さんのはなし/ジョン・バーニンガム 作 ◆ラッキー・ドラゴン号の航海/ジャック・ベネット 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について72. (「あめの日」)
◇ラーマーヤナ⑫
◇本と出会い 人と出会う⑩---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】---フロリイ・キャンティロンのおとむらひ(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『日本の神々』 谷川健一
【文庫ほどおもしろいものはない】「こういうのがすきなの…」
【くらべ読み】「ロンドン橋がおちまする!」と「みんなであそぶわらべうた」
79号
"子どもの本や"ならでは③
-福岡 子どもの本や・井上良子
-阿佐ヶ谷 子どもの本や・松本千枝子、岡本恭子、尾田ひろ子、谷川淑江
◆王子と乞食/マーク・トウェーン (文) ロバート・ローソン (絵) ◆しずかで にぎやかな ほん/マーガレット・ワイズ・ブラウン (文) レナード・ワイスガード (絵) ◆日本の昔話 上下/ 稲田浩二 編
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について73. (「おおきな おおきな おいも」)
◇ラーマーヤナ⑬
◇本と出会い 人と出会う⑪---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】---狼と東郭先生(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『アラビアン・ナイトの世界』前嶋信次
【文庫ほどおもしろいものはない】「ほんとにあったこと?」
【くらべ読み】「こすずめのぼうけん」と「ゆきのひ」
80号

毎日新聞「時代の風」から
私たちと情報化社会
-養老孟司
◆シェイカー通りの人びと/ アリス&マーティン・プロベンセン 作 ◆ちいさいロッタちゃん/アストリッド・リンドグレーン (文) イロン・ヴィークランド (絵) ◆小さなしょうぼうしゃ/グレアム・グリーン (文) エドワード・アーディゾーニ (絵) ◆ロッタちゃんのひっこし/アストリッド・リンドグレーン (文) イロン・ヴィークランド (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について74. (「からすたろう」)
◇ラーマーヤ⑭
◇本と出会い 人と出会う⑫---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】---死なない国(イギリスの伝説)
【絵本の翻訳2題】要再考 これはちょっと
【一家に一さつ】---『我が愛する詩人の伝記』室生犀星
【文庫ほどおもしろいものはない】驚くばかりの本選び
【くらべ読み】「ひとまねこざる」シリーズと「ひとまねこざる」の新シリーズ
81号

「世界の美術を探検する」という本について
-山本まつよ
◆うたいましょう おどりましょう/ベラ・B・ウィリアムズ 作 ◆おおきなのはら/ジョン ・ラングスタッフ (文) フョードル・ロジャンコフスキー (絵)◆カングル・ワングルのぼうし/エドワード・リア (文) ヘレン・オクセンバリー (絵) ◆ひよことあひるのこ/ミラ・ギンズバーグ (文) ホセ&エーリアン・アルエーゴ (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 75. (「こどもとみる せかいのびじゅつ かおのいろいろ」)
◇ラーマーヤナ⑮
◇本と出会い 人と出会う⑬---外海賢雄
【みんなで考えよう】学校で子どもに本を読むということ①
【ストーリーテリングのためのお話】読書蟲(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『文字逍遙』白川 静
【文庫ほどおもしろいものはない】離れられないのはお兄ちゃん
【くらべ読み】「くんちゃんのだいりょこう」と「おやすみなさいフランシス」
82号

【みんなで考えよう】学校で子どもに本を読むということ②
◆農場にくらして/アリスン・アトリー(アリソン・アトリー)作 ◆ペチューニア ごようじん/ロジャー・デュボアザン 作 ◆ポケットのたからもの/レベッカ・コーディル (文) エバリン・ネス (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 76. (「たわごと師たち」)
◇ラーマーヤナ⑯
◇本と出会い 人と出会う⑭---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】アーサー王の眠る地(英国ウェールズの伝説)
【一家に一さつ】---『「世間」とは何か』阿部謹也
【文庫ほどおもしろいものはない】おいしいものを味わうように
【くらべ読み】「おやすみなさい おつきさま」と「もこ もこもこ」
83号

子どもたちの声――おすすめする本①
-藤井寺西小学校3年2組発行「かたぐるま」より
◆金鉱町のルーシー/ カレン・クシュマン 作 ◆モンテ・クリスト伯 上中下/アレクサンドル・デュマ 作 ◆ゆくえふめいのミルクやさん/ロジャー・デュボアザン 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 77. (「トロールのばけものどり」)
◇ラーマーヤナ⑰
◇本と出会い 人と出会う⑮---外海賢雄
【みんなで考えよう】学校で子どもに本を読むということ③
【一家に一さつ】---『うたと日本人』谷川健一
【文庫ほどおもしろいものはない】おもしろい本は見逃さない!
【くらべ読み】「くんちゃんはおおいそがし」と「こぐまのくまくん」
84号

子どもたちの声――おすすめする本②
-藤井寺西小学校3年2組発行「かたぐるま」・3年1組発行「きらり」より
◆しずくのぼうけん/マリア・テルリコフスカ 文ボフダン・ブテンコ 絵 ◆空とぶベッドと魔法のほうき/メアリー・ ノートン 作 ◆夜、空をとぶ/ランダル・ジャレル (文) モーリス・センダック (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 78. (「ライオンと魔女と衣装だんす」)
◇ラーマーヤナ⑱
◇本と出会い 人と出会う⑯---外海賢雄
【みんなで考えよう】学校で子どもに本を読むということ④
【ストーリーテリングのためのお話】山の人とおかみさん(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『無心の歌、有心の歌 ブレイク詩集』ウィリアム・ブレイク
【文庫ほどおもしろいものはない】「村のおまつり」を楽しむ
【くらべ読み】「2ひきのわるいねずみのおはなし」と「ふたりは ともだち」
85号

子どもたちの声――おすすめする本③
-藤井寺西小学校3年1組発行「きらり」より
◆さすらいの孤児ラスムス/ リアストリッド・リンドグレーン 作 ◆ビリー・ジョーの大地/カレン・ヘス 作 ◆ゆかいな かえる/ジュリエット・キープス 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 79. (「ハリー・ポッターと賢者の石」)
◇ラーマーヤナ⑲
◇本と出会い 人と出会う⑰---外海賢雄
【みんなで考えよう】これから何をするか? 三人三様の試みに聴く
【ストーリーテリングのためのお話】明月珠(インドの昔話)
【一家に一さつ】---『だれが「本」を殺すのか』佐野眞一
【文庫ほどおもしろいものはない】絵本の次に読みたい本
【くらべ読み】「くんちゃんのもりのキャンプ」と「とんとんとめてくださいな」
86号

なぜ偽作版を出版するのか
-山本まつよ
◆かえるだんなのけっこんしき/ジョン・ラングスタッフ (再話) フョードル・ロジャンコフスキー(絵) ◆水滸伝 上中下/施耐庵 ◆はるかな国の兄弟/アストリッド・リンドグレーン 作 ◆もりのこびとたち/エルサ・ベスコフ 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 80. (「ぼうしのおうち」)
◇ラーマーヤナ⑳
◇本と出会い 人と出会う⑱---外海賢雄 【みんなで考えよう】これから何をするか? ――4年目の本屋
【ストーリーテリングのためのお話】キルデヤ・プーカ(アイルランドの昔話)
【一家に一さつ】---『柳田国男の民俗学』谷川健一
【文庫ほどおもしろいものはない】ぜいたくな読み手
【くらべ読み】「海べのあさ」と「ハーモニカのめいじん レンティル」
87号

狩をする心構え
-アンドレア・ベローリ

神話の芽生え
-山本まつよ 山本まつよ訳
◆大きな木のおくりもの/ アルビン・トレッセルト (文) アンリ・ソレンセン (絵) ◆チム とうだいをまもる/アーディゾーニ、エドワード 作 ◆チムとシャーロット/エドワード・アーディゾーニ 作 ◆屋根にのぼって/オードリー・コルンビス 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 81. (「キャット イン ザ ハット」)
◇古事記物語①
◇本と出会い 人と出会う⑲---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】雄鶏と蠍の精(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『あけがたにくる人よ』永瀬清子
【文庫ほどおもしろいものはない】三歳という時代
【くらべ読み】「せきたんやのくまさん」と「からすのパンやさん」
88号

「生きている神話」
-山本まつよ
◆クリスマス・キャロル/チャールズ・ディケンズ (文) ジョン・リーチ (絵) ◆クリスマス人形のねがい/ルーマー・ゴッデン (文) バーバラ・クーニー (絵) ◆ぼく にげちゃうよ/マーガレット・ワイズ・ブラウン (文) クレメント・ハード (絵) ◆町かどのジム/エリノア・ファージョン (文) エドワード・アーディゾーニ (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 82. (「ぼくの せかいを ひとまわり」)
◇古事記物語②
◇本と出会い 人と出会う⑳---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】起き上がり人形(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『京の職人衆が語る 桂離宮』笠井一子
【文庫ほどおもしろいものはない】二人でどんどん読んでいた
【くらべ読み】「おかあさんだいすき」と「うさぎさん てつだってほしいの」
89号

ンコシ・ジョンソンの願い
-タイム誌
山本まつよ訳
◆ウッレのスキーのたび/エルサ・ベスコフ 作 ◆トルストイの民話/トルストイ (文) E・ディオードロフ (絵) ◆ビロードうさぎ/マージェリィ・ウィリアムズ (文) ウィリアム・ ニコルソン (絵) ◆坊っちゃん/夏目漱石 ◆ロバの旅 アン・ノーラン・/クラーク (文) レオ・ポリティ (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 83. (「あおくんときいろちゃん」)
◇古事記物語③
◇本と出会い 人と出会う㉑---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】氷山と農夫の喧嘩(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『堀口大學詩集』堀口大學
【文庫ほどおもしろいものはない】絶対に必要な「グレー・ラビット」の本
【くらべ読み】「ごきげんならいおん」と「ジオジオのかんむり」
90号

国語こそあらゆる知的活動の基盤
-藤原正彦
◆けものたちのないしょ話 [中国民話選]君島久子 編 ◆白い牙/ジャック・ ロンドン 作 ◆空とぶ船と世界一のばか/アーサー・ランサム (文) ユリー・シュルヴィッツ (絵) ◆ライトニングが消える日/ジャン・マーク 著
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 84. (「ともだちや」)
◇古事記物語④
◇本と出会い 人と出会う㉒---外海賢雄
◎あまりにもでたらめな……「ソフィーはとってもおこったの!」偽りだったカルデコット受賞!
【一家に一さつ】---『エレンディラ』G・ガルシア=マルケス
【文庫ほどおもしろいものはない】ファンタジーを読む時代
【くらべ読み】「ぼくにげちゃうよ」と「おひさまがいっぱい」
91号

ルビをつけよう!
-山本まつよ
◆コーンウォールの聖杯/クーパー、スーザン (文) ギル、マーガレット (絵) ◆なぞとき名人のお姫さま フランスの昔話 /山口智子 (編) アリスプ、パトリス (絵)◆歯いしゃのチュー先生/ウィリアム・スタイグ◆ようせいのゆりかご/エインズワース、ルース (文) 河本洋子 (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 85. (「おおきな木」)
◇古事記物語⑤
◇本と出会い 人と出会う㉓---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】小人の火傷(スコットランドの昔話)
【一家に一さつ】---『ひとり歩きの朝』新藤兼人
【文庫ほどおもしろいものはない】本が好き、子どもが好き
【くらべ読み】「ふしぎなたまご」と「たまごのあかちゃん」
92号

子どもたちは究極の文芸批評家か?
-アイザック・B・シンガー
山本まつよ訳
◆ケルトとローマの息子/ローズマリー・サトクリフ 作 ◆野うさぎのフルー/リダ・フォシェ (文) フョードル・ロジャンコフスキー (絵) ◆見習い物語 上下/レオン・ガーフィールド 作 ◆雪だるまのひみつ/ルース・エインズワース (文) 河本洋子 (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 86. (「3びきのぶたたち」)
◇古事記物語⑥
◇本と出会い 人と出会う㉔---外海賢雄
◎絵本の翻訳2題……要再考 これはちょっと? ②
【一家に一さつ】---『手入れ文化と日本』養老孟司
【文庫ほどおもしろいものはない】ぐんぐん大きくなっていく
【くらべ読み】「クマのプーさんえほん」と「くまのパディントン」
93号
子どもの読書を変える新しい試みの本「みんなで話そう、本のこと」について
-本誌編集部
◆アネイリンの歌 ケルトの戦の物語/ローズマリー・サトクリフ 作 ◆怪談 小泉八雲怪奇短編集/小泉八雲 作 ◆グレー・ラビットとヘアとスキレル スケートにいく/アリスン・アトリー(アリソン・アトリー)
文マーガレット・ テンペスト絵 ◆7ひきのいたずらかいじゅう/モーリス・センダック
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 87. (「あらしのよるに」)
◇古事記物語⑦
◇本と出会い 人と出会う㉕---外海賢雄
◎子どもたちのためにルビの復活を!
【ストーリーテリングのためのお話】龍神と卜者(中国の昔話)
【一家に一さつ】---『わが父アイザック・B・シンガー』イスラエル・ザミラ
【文庫ほどおもしろいものはない】きれいなものがすき
【くらべ読み】「うちがいっけんあったとさ」と「はろるどと むらさきの くれよん」
94号

続・ルビをつけよう!
-山本まつよ

ルビに助けられて……
-林あゆ美
◆こいぬとこねこは愉快な仲間/チャペック、ヨゼフ 作 ◆台所のマリアさま/ルーマー・ゴッデン (文) キャロル・バーカー (絵) ◆ブリジンガメンの魔法の宝石/アラン・ガーナー 作 ◆りすのパナシ/リダ・フォシェ (文) フョードル・ロジャンコフスキー (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 88. (「おばけとモモちゃん」)
◇古事記物語⑧
◇本と出会い 人と出会う㉖---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】阿闍世王物語(インドの昔話)
【一家に一さつ】---『妖精物語の国へ』J.R.R・トールキン
【文庫ほどおもしろいものはない】たくましい妹
【くらべ読み】「沖釣り漁師のバート・ダウじいさん」と「じごくのそうべえ」
95号

それでも あなたは「あらしのよるに シリーズ」を子どものために 読みますか?
-山本まつよ
◆エーミルと小さなイーダ/ アストリッド・リンドグレーン (文) ビヨーン・ベリィ (絵) ◆かわせみのマルタン/リダ・フォシェ (文) フョードル・ロジャンコフスキー(絵) ◆地底旅行/ジュール・ ヴェルヌ 作◆西風のくれた鍵/アリスン・アトリー(アリソン・アトリー)作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 89. (「ハーメルンの笛ふき男」)
◇古事記物語⑨
◇本と出会い 人と出会う㉗---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】塩(ロシアの昔話)
【一家に一さつ】---『若葉のうた』金子光晴
【文庫ほどおもしろいものはない】同じ人の本
【くらべ読み】「三びきのやぎのがらがらどん」と「だいじょうぶ だいじょうぶ」
96号

お母さん! 子どもさんは 好きな本を選んでいますか?
-野中良枝
◆月長石/ウィルキー・コリンズ 作 ◆デイヴィッド・コパフィールド (一)/ チャールズ・ディケンズ 作◆ノルウェーの昔話/ペーター・C・アスビョルンセン/ヨーレン・モー (文) エーリク・ヴェーレンシオル他 (絵)
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 90. (「ヌードル」「なつのゆきだるま」)
◇古事記物語⑩
◇本と出会い 人と出会う㉘---外海賢雄
◎”The Magic Bed” は 「旅するベッド」ではありません
【一家に一さつ】---『常用字解』白川 静
【文庫ほどおもしろいものはない】お母さんも本が大好きだから
【くらべ読み】「しずかでにぎやかなほん」と「あかちゃんから絵本」シリーズ
97号

詩を読もう、大人も、子どもも -山本まつよ
◆おいしそうなバレエ/ジェイムズ・マーシャル (文) モーリス・センダック (絵) ◆デイヴィッド・コパフィールド (二)~(五)/ チャールズ・ディケンズ 作 ◆まざあ・ぐうす/北原白秋 訳編
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 91. (「のはらうた 1」「まどさんの詩の本 あのうた このうた」)
◇ギルガメッシュ叙事詩①
◇本と出会い 人と出会う㉙---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】不思議な老人(ロシアの昔話)
【一家に一さつ】---『詩歌遍歴』木田 元
【文庫ほどおもしろいものはない】友だちにも読ませたい
【くらべ読み】「雨、あめ」と「バムとケロのにちようび」
98号
子どもの好きな詩とは?
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳

「子どもに本を読む」と「子どもが本を読む」ということ
-山本まつよ
◆エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする/エリナー・ファージョン (文) シャーロット・ヴォーク (絵) ◆親指姫  アンデルセンの童話1/ハンス・クリスチャン・アンデルセン (文) イブ・スパング・オルセン (絵) ◆くまのブウル/ リダ・フォシェ (文) フョードル・ロジャンコフスキー
(絵) ◆ブリット-マリはただいま幸せ/アストリッド・リンドグレーン 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 92. (「いろいろこねこ」「うさぎのおうち」)
◇ギルガメッシュ叙事詩②
◇本と出会い 人と出会う㉚---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】鍛冶屋と悪魔(ロシアの昔話)
【一家に一さつ】---『だれが「本」を殺すのか 上下』佐野眞一
【文庫ほどおもしろいものはない】つづきが読みたい
【くらべ読み】「ラチとらいおん」と「ボリボン」
99号

子どもが詩を読むために①
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳
◆赤いカヌーにのって/ベラ・B・ウィリアムズ 作 ◆おへやのなかのおとのほん/マーガレット・ワイズ・ブラウン (文) レナード・ワイスガード (絵) ◆しょうぼうていハーヴィ ニューヨークをまもる/マイラ・カルマン 作 ◆ルビーの谷/シャロン・クリーチ 作
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 93. (「スモールさんはおとうさん」童話館出版)
◇ギリシアの神話5篇
◇本と出会い 人と出会う㉛---外海賢雄
◎ルビに助けられて②
【ストーリーテリングのためのお話】榕樹(インドの昔話)
【一家に一さつ】---『白秋愛唱歌集』藤田圭雄 編
【文庫ほどおもしろいものはない】絵本の段の上の本
【くらべ読み】「もりのともだち」と「きつねとうさぎ」
100号

子どもが詩を読むために②
-メイ・ヒル・アーバスノット
山本まつよ訳
◆イクバルの闘い/フランテェスコ・ダダモ 作 ◆鬼のうで/赤羽末吉 ◆ピーターおじいさんの昔話/アーサー・ランサム (文) ドミトリ・ミトローヒン (絵) ◆ユダヤのむかし話 /高階美行 編訳
◇座談会 私たちの「リスト」に入らなかった本について 94. (「てのひらのむかしばなし」)
◇北欧の神話3篇
◇本と出会い 人と出会う㉜---外海賢雄
【ストーリーテリングのためのお話】命の贈り物(北欧の伝説)
【一家に一さつ】---『長い時間をかけた人間の経験』林 京子
【文庫ほどおもしろいものはない】チム
【くらべ読み】「マドレーヌといぬ」と「アメリカのマドレーヌ」

 

 

トップにもどる
  • 季刊『子どもと本』
  • 季刊『子どもと本』
  • 季刊『子どもと本』
  • 季刊『子どもと本』